Topix

HOMETOPIXホームページの構成「脳卒中」を生きる障害者就業への道生涯現役を目指しての事業化の方向と方策共生社会の仕事の創造社会的貢献への道リンク集運営者プロフィールお問い合わせサポートサイトマップ書籍紹介

脳卒中を生きる(Title)

新年のご挨拶

新年のご挨拶

1)新年 明けましておめでとうございます!

  • 平成20年、アメリカ発の金融危機の連鎖はあっという間に全世界を覆いました。
  • 平成21年は、新しい価値観の再構築の時代の幕開けではないかと感じています。
  • 日本においても、外需から内需への移行が叫ばれ始めました。

    1. このような時代においては、「吾 唯 足るを知る」という東洋思想の一端への「価値の転換」が必要であると「森山志郎記念館長」から色紙を頂きました。
    2. 今後の日本においては、高齢者が、高齢者のための新しい仕事への創造と対応が望まれ、
    3. 障害者の自立を助ける生き方の創造等が望まれています。

  • 少しでも参考になるホームページ作りに邁進して行きたいと願っています。

新年のご挨拶

2)ホームページの「タイトルの変更」を致しました!

  • 若いころからご指導を受け、ホームページを応援して下さっているO先生から、次のようなサジェッションを受けました。

    • 1. ホームページの感想ですが、内容がものすごく充実しているのに、というか正攻法で充実しすぎていて、
      • 多くの人にはパッと入りにくい感じを与えているかも知れないと思います。

    • 2. タイトルや会の名前も、何か親しみやすい名前をつけたらもっと入りやすくなるかも知れないと思います
      • が、どうでしょうか。

    • 3. “「中高年・団塊の世代・シニア世代」の生活の再建・復活・創造”というのを一言で象徴する親しみの持
      • る名前、何かないでしょうか。

      • *…O先生に対して、「内容については、感じて来た事柄を愚直に発表して、次に徐々に内容の整理等をして行きたいと考えています。」とご返事をさせて頂いた。
      • 内容についても、タイトルでも、興味の持てる表現方法が必要であると感じました。

    • 4. 各項目もタイトル名も硬すぎるので平成21年度に、再検討を実施していきたい

    • 5. ホームページの「タイトルの変更」(ネーミング)をすることとしました。
      • ① 脳卒中障害者の生活の再建              →「脳卒中を生きる」
      • ② 「中高年・団塊世代・シニア世代」の生活の再建・創造 →「シニアの息吹」
      • ③ 「NPO生活の再建研究会」              → NPO「息吹」

新年のご挨拶

3)21世紀への願いと行動の考え

1.日本の現状

  • ① 未曾有の発展を遂げた20世紀を終え、世界は地球温暖化やエネルギー問題:食糧問題などに加え、アメリカ
    • 発の金融危機が世界を席巻している。
  • ② 日本や先進国は、医学の進歩や文明の恩恵を受け、急速に平均寿命を延ばしている。
    • 日本においても、人類史上初めての長寿社会の「超高齢化社会」が実現されてきた。
  • ③ 同時に、日本では「少子高齢化社会」に陥り、2007年から人口減少の時代を迎えた。
    • 未来の若者に大きな負担を掛ける時代を迎えている。
  • ④ 20世紀の繁栄の時代を作り、その時代に生き、シニア時代を迎えつつある人々にとって、これからの時代
    • を、再び挑戦する「変革の時代の到来」と考えることが出来ないであろうか。

    • 今こそ、「新しい時代の要請」に応え、新しい時代を切り開くための、「社会貢献への道」「新しい時代の働く場づくり」という「変革の時」という捉え方が出来ないか。
    • 多くの人の知識と経験の結集があれば、新しい時代を創造できるであろうと考える。

2. 21世紀の新しい仕事の担い手としての「シニア世代」の人々

  • 狭義の団塊世代(昭和22年~24年生まれ)の人口は、680万人であるが、
  • 広義の団塊世代(昭和19年~28年生まれ)の方々は、1,900万人にのぼる。
  • 2010年には、年齢区分60歳以上の人口が3,900万超になる。
  • 毎年、65歳の定年を終え、社会に戻ってくる。
  • 既に65歳を超えている高齢者が20%を超えた。
  • 充分な働く意欲と健康を保持している人も多い。

平成20年
現在人口
広義の団塊世代 狭義の
団塊世代
      (1,000人)
生年 年齢 男女計
昭和28年 55 866 874 1,740  
昭和27年 56 912 925 1,837  
昭和26年 57 970 982 1,952  
昭和25年 58 1,041 1,061 2,102  
昭和24年 59 1,142 1,164 2,306 6,770
昭和23年 60 1,132 1,157 2,289
昭和22年 61 1,075 1,100 2,175
昭和21年 62 670 694 1,364  
昭和20年 63 715 752 1,467  
昭和19年 64 869 920 1,789  
昭和19年~28年計 9,392 9,629 19,021  



3. 2010年「60歳以上の人口39,000万人超」と匹敵する世界の国々

  • ① 下記の通り29位~36位の国の総人口に匹敵し
  • ② 46位~53位 の国々の人口の1.6~2倍に匹敵する大きな人口の数である

新年のご挨拶


4. 21世紀の新しい事業開拓の道-「超高齢化社会」への対応を深める必要性の基に

  • ① 生涯現役を目指しての「事業化の方向と方策」
  • ② 「社会貢献への道しるべ」
  • ③ 障害者の自立や活動の方向性等の情報提供をして行きたいと考えています。

4)「トッピックス記事」の紹介

  • ① 毎月何篇かの記事内容の概略の紹介をして行きたいと思っております。
  • ②「トピックス」などをご紹介させていただきたいと思います。
  • どうぞ今後とも、ご指導とご鞭撻のほどを切にお願い申し上げます。

                           平成21年1月元旦

新年のご挨拶